ホームタウン総合デザインセンター

北海道内の後志エリアと空知エリアにて活動する「ホームタウン」づくりのための団体です。

現在ウェブサイト制作中です。概要は以下をご覧下さい。

ホームタウン総合デザインセンターとは

北海道は、いまや海外からみても魅力的な場所となっています。そんななか、人口も徐々に減少し、札幌市でさえも人口のピークを迎えてしまっています。私たちはそれぞれの街を「ホームタウン」として魅力的なものを再発見し、この街に住み続けたいという思いを子供達に伝え、または移住したいという方々の要望に応えるべく、様々な環境を生み出すお手伝いができればと思っております。先達が開拓してきた歴史を次世代に伝え、先行く未来を楽しむ機会ができれば、ホームタウンがより好きになってゆくことでしょう。私たちほっかいどうホームタウン総合デザインセンターは、北海道を再開拓します。

団体概要

団体名:

ホームタウン総合デザインセンター(2016年内法人化予定)

所在地:

後志エリア 北海道虻田郡倶知安町北2条西1丁目(事務所)

空知エリア 北海道岩見沢市

メンバー:

宮嶋 瞬(北海道地域づくりサポート隊 後志エリア)/ 魚崎 哲二郎(北海道地域づくりサポート隊 空知エリア

長谷川 雄一(アーティスト)/ 三浦 一斗(ウッドクリエイター・shizuku coffeeオーナー

事業内容:

【移住総合サポート】
・空き家マッチング
・民家DIYサポート
・廃材を利用したハーフビルド、セルフビルド

【空き家サポート】
・空き家管理サービス
・除雪、草刈等各種対応
・荷物の撤去、片付け

【イベント・スクール運営】
・まちの宝イベント
・民家DIY合宿イベント(5月開始)

・各種ワークショップ運営(4月開始)

【街サポート】
・シェアオフィス運営(準備中)
・人材情報提供(6月開始予定)
・しごとクリエイト(随時受付)

【行政サポート】
・地域課題ファシリテーター(詳細問い合わせ)
・各種企画運営(随時受付)

【お問い合わせ】
こちらからお問い合わせ下さい