NIKI<仁木町>概要

nikimap

仁木町の位置

nikimap

NIKIは、札幌市から車で1時間20分ほどの場所に位置しています。

生活圏としては、お隣の余市町、もう一つお隣に小樽市が近く、電車でも通えます。

主幹産業は農業(果樹)

no1

(平成24年当時の実績。パーセントは、北海道内での仁木町の耕地面積占有率です)

北海道において、仁木町は果樹とミニトマトの主な生産地となっています。広大な北海道の中で、果樹が育ちやすい環境は仁木町が恵まれているといえます。ちなみに、さくらんぼの生産地としては、お隣の余市町を合わせると日本一の生産エリア。

「北海道産」と名のついたフルーツは、ほとんどがこの仁木町から生まれていると言っても過言ではありません。

ミニトマトの売上は、平成26年の実績では23億円です。ほとんどが、小規模の農家で形成されている仁木町。北海道のイメージは大規模かと思われますが、仁木町に関しては、北海道のなかでは珍しい地域ともいえます。

現在は、余市仁木ワインツーリズムというプロジェクトが進行しており、ワイン用ぶどうの生産の為に新規就農も進んできています。

kv-top-logo

hmbkgd000000028u

 

課題:労働者不足

全国各地の問題でもある、労働力不足。仁木町は農業の中でも果樹という特性上、集約型農業の為、特に雇用労働力が足りません。大規模農業では、機械化や自動化により解決策として考えられますが、デリケートに扱うべき作物であり、自動化ができにくいというデメリットもあります。現在は、外国人を受け入れ、季節雇用でまかなっています。